スピットバック防止&解消法


VAPEを吸う際に「パチッ」という炸裂音と共に熱せられたリキッドが跳ねて舌や喉に当たって痛い、、熱い、、こんな体験みなさん一度はした事があるのではないでしょうか?
これはスピットバックと呼ばれる現象で、様々な原因により引き起こされると考えられています。
今回はこのスピットバックの防止法、解消法をご紹介します!
 

1.コットン量を増やす

コットンがリキッドでビチャビチャになっている過供給状態だと、リキッドが十分に気化されずスピットバックの原因になります。
コットン量を増やしてみましょう。
※主にRDA・RTA・RDTAなどのリビルダブルアトマイザーにおけるスピットバック防止・解消法です。
 

2.出力を上げる 

コイルがゆっくりと過熱されるとスピットバックが発生しやすいので、出力を上げる事で解消できる場合があります。
過剰な出力アップはドライヒット等の原因になりますので、徐々に上げて、スピットバックが発生しない出力を探してみましょう。
 

3.吸う前に吹く 

連続で吸う場合に、前回吸った際にアトマイザー内に残ったミストが次回生成された新しいミストとぶつかってミスト粒子が大きくなりスピットバックとなる事があります。
普通に吸う前に一度パフボタンを押しながら一瞬吹く事で、前回残ったミストをエアホールから出してあげると、これが防げます。 また、間隔を空けて吸う場合に、前回吸った際にアトマイザー内に残ったミストが結露し液体に戻り、コットンがビチャビチャになってしまう事があります。
この場合、間隔を空けて吸う1回目だけスピットバックが発生しやすくなるので、これも一度パフボタンを押しながら一瞬吹く事でスピットバックが口に入ってくるのを回避できます。
 

4.単線コイルを使う 

クラプトンコイルやツイストコイルは単線で巻いた同抵抗値のコイルよりも発生するミスト量を増やせたり、それによって味が濃くなったりというメリットはありますが、
コイルに触れるリキッド量が多くなる為、スピットバックの原因になりやすいというデメリットもあります。
スピットバックを避けたい場合はこれらのコイルではなく、単線コイルの使用をお勧めします。
※主にRDA・RTA・RDTAなどのリビルダブルアトマイザーにおけるスピットバック防止・解消法です。
 

5.ドリップチップを変える 

これは、スピットバックを発生させないという考え方ではなく、スピットバックによって跳ねたリキッドが口に飛び込んでくるのを物理的に防ぐ。という方法です。
背の高いドリップチップに変えてコイルから口までの距離を遠くすることで、跳ねたリキッドが口に飛び込んでくるのを防ぐ事ができます。
また、内部が螺旋形状になっていたり、特別な工夫が施されている「スピットバック防止ドリップチップ」という物も流通しています。
 

6.コイルの内径を細くする

コイルの内径を細くする事でコイルがリキッドに触れる面積が少なくなり、さらに口との距離も若干稼げる為、スピットバックを減らせる&もし発生しても口までの距離が遠くなる。という効果があります。
※主にRDA・RTA・RDTAなどのリビルダブルアトマイザーにおけるスピットバック防止・解消法です。



いかがでしたでしょうか?
少しでも参考になれば幸いです!
それでは良いVAPEライフを!


 
       

全ての商品




    モバイルショップ

サイトマップ

サイトマップを見る
       

全ての商品