パラレルコイルとツイストコイルの作り方

現在、RBA(リビルダブルアトマイザー)において多種多様なコイルが存在していますが、その中でも比較的簡単に自作できるパラレルコイルツイストコイルの作り方を説明します。

■パラレルコイル/ツイストコイルとは?

・パラレルコイル
パラレルコイルとは、2本のワイヤーを平行に巻くコイルの事

・ツイストコイル
ツイストコイルとは、2本のワイヤーをねじって1本にし、巻くコイルの事。

■パラレルコイル/ツイストコイルの利点

パラレルコイル、ツイストコイル共にリキッド(が浸透しているコットン)と接する面積が稼げるので単線で巻いた同抵抗値のコイルよりも発生するミスト量を増やす事が出来ます。
そして、ミスト量が増える事で味をより濃厚に感じられる効果も期待できます。

※パラレル、ツイスト共に2本のワイヤーを使って作るので、抵抗値が単線で同径・同巻数で巻いた場合の半分程度まで下がります。抵抗値が下がりすぎると味が飛びやすく、安全性も損なわれます。最終的な抵抗値も考慮してワイヤーの太さ、内径と巻数を決めて下さい。
 

・パラレルコイルの作り方

1.ワイヤーを普段単線でコイルを作る時の倍の長さで切ります。
ワイヤーを長めに切る
2.2つに折ります。
2つに折る
3.ワイヤーが2本平行になるように折り返した部分をペンチ等でしっかりと折り目を付けます。
折り目をつける
4.普段コイルを作るのと同様に、巻いていきます。
普段と同じように巻く
5.完成
パラレルコイル完成
 

・ツイストコイルの作り方

1.ワイヤーを普段単線でコイルを作る時の倍よりさらに長めで切ります。
 ※ねじる分、最終的に短くなるので。
短くなる分も考慮し、ワイヤーを長めに切る
2.2つに折ります。
2つに折る
3.ハサミの柄の部分にワイヤーの片足を通し、両足がはずれないように絡ませます
ハサミの柄にに絡める
4.折り曲げた側をドライバーに掛けます。
ドライバーに掛ける
5.ハサミ側を持って固定しつつ、ドライバー側をクルクルと回転させていきます
 ※なるべくワイヤーのテンションを保ちながら行ってください。
ドライバー側を回転させる
ドライバー側を回転させる2
6.密度はお好みによってですが、このくらいかな、というところまで回転させます
好みの密度になるまで回転させる
7.そして両端をカット
両端をカットする
8.普段コイルを作るのと同様に、巻いていきます。
普段コイルを作るのと同様に巻く
9.完成
ツイストコイルの完成


ツイストコイルに関しては、若干固定が難しくはなりますがハサミをドライバーに変えて、ドライバー2本でも出来ます。

また電動ドライバーをお持ちの方は、電動ドライバーのアタッチメントドライバーを外し、ワイヤーの折り曲げた側を差し込み固定し、ハサミを持ってワイヤーのテンションを保ちながら、電動ドライバーをウィーーンと回すとあっという間に完成。という事もできます。


いかがでしたでしょうか?
アトマイザーによって、単線では味が出にくいけどパラレルコイルやツイストコイルにしたら味が出るようになった!という事もありますので、ビルドのセッティングの幅を増やす為にも、覚えておいて損はないと思います!

それでは良いVAPEライフを!

リビルド用品ページは>>コチラ<<

Twenty Six Vapeツイッターアカウントでは、入荷情報やお得な情報等随時配信しております。フォローお願いします!
http://twitter.com/twentysixvape

       

全ての商品




    モバイルショップ

サイトマップ

サイトマップを見る
       

全ての商品